マサカドブラックログ
漫画家 黒乃マサカドの日記です。
エロ漫画家はワーキングプア

↑こういうのを最近良く見かけるようになった。
そこで思うのは、もう有る程度知名度が上がったら、出版社など
わざわざ通さず、クラウドファンディングやパトロンを利用して
全部自分でWEB公開漫画にすれば良いと思う。

はからずも、そういうシステムに変移していくとわ思うけど
日本の2次元業界はトップダウンでマジでブラックワーク。

自分もそうだが、こういう事が有ると、モチベーションは落ち
次第に作品を仕上げられなくなり、生活も回らなくなるという
負のスパイラルに突入してしまう。

安い原稿料で描けば描くほど生活は苦しくなり、
編集にも追い詰められるのではあまりに救いが無い。

なのでおのずと、漫画を描きたい人はそういった
サービスを利用して続けていくしかない。

僕個人で言えば、今年は年初めから色々有り
その一連の流れを発端にモチベーションは限界に達し、
今の仕事の有り方にも限界を感じている。

前編集さんからのサイベリアに復帰した時の「仕打ち」が
ボディブローのように効いてきて数年前からずっと厳しい

それは自分のスキルアップに反し収入は減り続けるから
月日、年齢を重ねる程に徐々に重くなっていく。

まぁ金銭的なの恨みは中々消えないよねーw
思い出すと今でもハラワタ煮えくり返るよーw


なので僕もこの一年間はずっとそのやり方での仕事の仕方を模索している。
※現編集部とは良好で、一切問題は有りません。

コメント
難しい問題ですね
仮に黒乃先生が募るのなら微力ながらも投資します 笑

漫画家が大変な職業だというのは多くの読者が知っています。
最近体調がすぐれないというコメントをよく見るからです。

アニメーション制作現場にも同じ課題がありますね。トップだけが儲かる仕組みはいかんです。

でも、黒乃先生には長く続けほしい!

黒乃先生の作品に初めて触れた時、正直「えぐい!やりすぎ!」と思ったのですが、読了後からジワジワと病みつきにさせるものがありました。
世界観を貫くためには完全主義者のごとく一筆一筆に神経を使っているのでは?と想像しています。
もっと言ってしまえば、成年漫画じゃなくても黒乃先生の作品レベルは高い。

持論ですが、先生がおっしゃっていた男性キャラの話にも通じますが、エロ描写にしか意識を向けていない成年漫画は例外なくつまらない。
ダメかどうか、下手したら最初の1ページ目で決まると思います。
毎回同じような話をして申し訳ありませんが、、、、、

次回発売されるコミック本は、やはり最高傑作になると勝手に期待しています。
どうかサイン本などのイベントをやってください 笑



2017/12/01(金) 01:00:37 | URL | やまだ #-[ 編集 ]
日本でなければ
簡単に解決できそうな問題です。
日本位じゃないでしょうか? 
作家が制作の底辺に居て、報酬、立場も低いのなんて。

自分がスキルアップしていっているのに、収入は下がるっていう
ジレンマは続けば続くほど、モチベが下がります。

しかも自分の場合は作家にマウンティングする為に
報酬をカットされたと感じたので、尚更です。

「先生より低い報酬で売れている人が居るんで!」
と言われれば、こちらには確かめようが無いし、
編集として言って良い言葉だとは思えませんでした。

とこんな感じでここ数年間耐えていた状況です。

今の原稿の後には無報酬の単行本作業が待っているので
それが気が重くさせています。
長引けば長引くほど大ダメージになるので。
クオリティを取る事はハイリスクと紙一重ですね。
2017/12/01(金) 04:47:29 | URL | 黒乃マサカド #-[ 編集 ]
ありがとうございます
黒乃先生、お忙しい中、ありがとうございます。

漫画家にも労働組合みたいのがあったら少しは改善されるのでしょうか?春闘みたいに給料上げて!と要求するみたいな。
一般の会社員と違って、見えない部分が多い職業ですが、クオリティが上がって露出度も増えたのに見返りがないと、やはりプロとしては納得できませんよね。
普通の会社員は在籍しているだけで年々給料がアップしますし、実際にハイクオリティと呼べるほどの仕事をしている人はマイノリティーですからね。
クオリティが時間とともにハイリスクになるなんて悲しいですよ。

実態を把握していない素人の私が言うのもあれですが、先生にはがっぷり儲けて頂きたいですね。
2017/12/01(金) 09:30:44 | URL | やまだ #-[ 編集 ]
Re: ありがとうございます
まぁ作家は「売れないお前が悪い!」と言われたらお仕舞いですし
愚痴らないのが華なのかも知れませんが、そうすると
正当な対価を求めた人間が悪者になって終わりですからね、日本の場合。

前任の編集さんは「作家さんに還元したい」が口癖でしたが
口ばっかりで、本人は他所の会社に逃げてしまったので
その前に元の条件に戻せよ!っていう感じでした。

でも次の単行本は良い物に仕上げるつもりです。
2017/12/01(金) 20:03:00 | URL | 黒乃マサカド #-[ 編集 ]
楽しみです
黒乃先生は売れてなきゃ絶対におかしい作家さんです。

今の成年漫画を読む層が萌えキャラ好きでロリコン過ぎるのか、二次元の世界に没頭しているあまり、リアルなエロがピンとこないのでしょうか?

普通にAV好きの層なら、先生の作画は三次元と二次元の間にいるのがわかるのですが、三次元とはまったく違ったところでの生々しさ、それが伝わると良いのですが…
これがCGになってしまうと、まだまだアンドロイド感が強くなってしまう。すごく進化していますけど。

先生が一番不思議なのは、その潔癖さです。
潔癖なのに、描き方はハードですよね。あのハードさの間逆にいそうなのに、ガンガン責めますよね。「監獄コレクション」も「股裂きジャック」も必ず漏らすシーンがある。やっぱり生理現象は重要な要素だと思いますが、そこについて機会があれば聞いてみたい部分です。

…なんて余計なお世話でしたね。

あと、愚痴はストレス発散にもなるので健康に良いと思います 笑

2017/12/02(土) 02:23:06 | URL | やまだ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する